×

Google Playで
ゆのくにの森アプリを入手する

伝統の古民家とミュージアムめぐり
HOME » 森の歩き方 » 伝統の古民家とミュージアムめぐり

伝統の古民家とミュージアムめぐり

伝統の古民家とミュージアムめぐり(約60分) 伝統の古民家とミュージアムめぐり(約60分)
伝統の古民家とミュージアムめぐり(約60分)

伝統の古民家とミュージアムめぐり(約60分)

古(いにしえ)への郷愁を誘う茅葺き古民家は、当地南加賀でも7棟しか現存しておらず、そのうち5棟がゆのくにの森村内にあります。その古民家と村内のミュージアムを組み合わせた散策コースです。文化の香りを満喫してください。

ギャラリー祥→伝統美術の館→茶の湯の館「方丈庵」→オルゴールの館→九谷焼の館→越前の館→「世界の色絵陶磁器」ギャラリー→風鈴音色坂

スポット案内

ギャラリー祥

相田みつを展

ギャラリー祥
相田みつを展
相田みつを展

あるときはいたわりのことばとして
また、あるときは励ましのことばとして
その時々の心の置き方によって、受け手に様々な感情を呼び起こす相田みつをのことばの数々。同じことばでも、時として、別の意味合いを持って心の中に響いてきます。氏の書と詩が、旅の良き思い出となることを確信しています。

■有料入場

ギャラリー祥「相田みつを展」入館料
大人 650円
中学生・高校生 540円
小人(4歳以上) 220円
ゆのくにの森入村料+ギャラリー祥
「相田みつを展」入館料セット券セット料金
大人 1,000円(通常1,190円)
中学生・高校生 800円(通常980円)
小人(4歳以上) 400円(通常550円)
伝統美術の館

古九谷と吉田屋展

伝統美術の館
伝統美術の館
伝統美術の館

大聖寺藩(現在の加賀市)の初代藩主前田利治が旧九谷村に起した九谷焼。当時のものは「古九谷」と呼ばれ、今日でも高い評価を得ていますが、わずか40年で途絶えました。120年の後、その美しさに魅せられた豊田伝衛門が、「吉田屋」としてその技法を復活させました(伝衛門逝去の後閉窯)。伝統美術の館では、九谷焼の原点ともいえる、この2つの名品を展示しています。

茶の湯の館「方丈庵」

茅葺き平屋建て。築:江戸中期 内藤家

茶の湯の館「方丈庵」
茶の湯の館「方丈庵」
茶の湯の館「方丈庵」

ゆのくにの森で最も古い建物で、天張りや柱は釘を一切使わずに組み上げられています。室内の調度品や、歴史を刻んだ人形や屏風など、郷愁を感じさせる品々が飾られています。230年の歴史の重みを感じながら、いただくお抹茶もまた格別です。(お抹茶セット830円)

オルゴールの館

世界のアンティークオルゴール

オルゴールの館
オルゴールの館
オルゴールの館

アンティークから現代のものまで、多彩な世界のオルゴールを展示してあります。1,200万円の豪華オルゴールや、発明王エジソンが、最も興奮したと後に述べている「蓄音機」など興味深いオルゴールが展示してあります。

ガラス工芸の館

ガラスの美術館

ガラス工芸の館
ガラスの美術館
ガラスの美術館

ガラス器が初めて作られたのは、紀元前16世紀といわれています。以来脈々と流れる歴史の重みを今日に伝える、光と炎の芸術。ガラスの館では、ガラス工芸作家の意欲的な作品を集めて展示しています。きらめきの世界をご堪能ください。

越前の館

茅葺き平屋建て。築:江戸末期 佐藤家

佐藤家
越前の館
佐藤家

ゆのくにの森で、二番目に古い建物です。館内の太い柱は松で出来ており、よく見ると松脂の痕が見えます。釘を一切使わずに組み立てられており、曲がった個性的は柱も見どころの一つです。館はその名の通り、越前にちなんだ「越前漆器」「越前焼」「越前竹人形」などの商品が販売されています。

「世界の色絵陶磁器」ギャラリー

世界の色絵陶磁器展

世界の色絵陶磁器展
世界の色絵陶磁器展
世界の色絵陶磁器展

色鮮やかな「世界の色絵陶磁器」約60点を展示してあります。見ごたえのある力作が、圧倒的な空間を創りあげています。珠玉の作品をご堪能ください。

風鈴音色坂

全国の風鈴を一堂に...

風鈴音色坂
風鈴音色坂
風鈴音色坂

漁師の館から村内へと続く風鈴音色坂は、その名の通り全国の風鈴がびっしりと飾られ、様々は音を奏でています。小鳥のさえずりも聞こえ、爽快な気分にさせてくれます。また、122段の階段は別名「縁結びの階段」とも呼ばれ、この階段を下から上へ愛しい人を思いながら登るとその人と結ばれるとか?