×

Google Playで
ゆのくにの森アプリを入手する

館探訪
HOME » 館探訪
見つけた、ふるさとの風景。--石川・福井から集めた古民家を移築。四季に彩られた

茅葺き民家について

茅葺きとは、アシ、ススキ、チガヤなどの長い繊維の葉や茎を持つ植物を材料にして葺いた屋根の構造の一つです。1940年以前では、日本各地で見られたが、材木価格の高騰や農村の過疎化、規制で新規建造が難しくなったことで、急激に姿を消し、自然形態のまま現存するものは珍しくなりました。古(いにしえ)の風情をそのまま留めた茅葺き民家は、当南加賀地区でも7棟しか現存しておらず、そのうち5棟が、ゆのくにの森に残っています。5棟は福井県から石川県に点在していたもので、いずれも築100年以上の貴重な建物ばかりです。

輪島塗の館輪島塗の館
金箔の館金箔の館
友禅の館友禅の館
九谷焼の館九谷焼の館
和紙の館和紙の館
越前の館越前の館
伝統美術の館伝統美術の館
茶の湯の館茶の湯の館
ギャラリー祥ギャラリー祥