×

Google Playで
ゆのくにの森アプリを入手する

ガラス工芸
HOME » 伝統工芸と歴史 » ガラス工芸
吹きガラス、サンドブラスティング等のガラス体験。

ガラスで器が初めて作られたのは、紀元前16世紀頃と言われておりメソポタミヤ、トルコなどの遺跡から確認されています。

ガラス工芸

吹きガラスは、紀元前1世紀頃からシリアで始まったとされておりガラスの歴史にとっては革命的でした。これまでの技法とは異なり大量生産が可能になりガラスの普及に貢献しました。現在では、職人・作家の技を生かした価値の高い調度品が各地の工房で創られています。

伝統工芸と歴史MENU