×

Google Playで
ゆのくにの森アプリを入手する

金箔
HOME » 伝統工芸と歴史 » 金箔
艶やかな輝きを支える熟練の技。

金箔は、金閣寺や日光東照宮をはじめ、漆工芸・織物・九谷焼など、さまざまな建造物や伝統工芸品に用いられ、その99%以上を金沢箔が占めています。10円玉ほどの金合金を一畳ほどの大きさに延ばし、1万分の1ミリの均一の薄さに仕上げられます。箔打ち紙と呼ばれる金箔をはさむ特殊な和紙、雨や雪の多い金沢の気候風土、そして何よりも熟練の高度な技が合わさって、最高級の金箔が作られています。

箔打ち

金・銀箔が金沢で初めて作られたのは、文禄2年(1593)、前田利家が豊臣秀吉の朝鮮の役の陣中より、国へ金・銀箔の製造を命じる書を寄せていることに始まります。その後、江戸幕府の箔製造統制、第二次世界大戦という辛苦の時代をくぐりぬけ、独占的産地としての地位を確立しました。金沢は箔の製造に適した気候、湿度を持ち、良質の水に恵まれていた事も発展の大きな要因です。

伝統工芸と歴史MENU