×

Google Playで
ゆのくにの森アプリを入手する

九谷焼
HOME » 伝統工芸と歴史 » 九谷焼
伝統と革新が調和した、華麗なる五彩の美。

九谷焼とは江戸時代初期、大聖寺藩主の前田利治が加賀国九谷村で焼成させたのがはじまり。当時は、青みがかった砂混じりの素地だっために、それを覆い隠す方法として、絵付に紺青・紫・黄・緑・赤の鮮やかな色彩を用い、花鳥山水や幾何学模様などで全面を覆う独特の塗技法が生まれたといわれます。約50年続いた後に突然廃窯となり、それから約100年後、加賀藩によって再興されました。

古九谷

普段使いの器から作家物まで、お気に入りの逸品を

大聖寺藩初代藩主の前田利治は、後藤才次郎を肥前有田(現・佐賀県有田町)に陶業技術修得に遣わし、後藤は帰藩後、九谷の地で窯を築き、明暦元年(1655)頃に色絵磁器生産を始めました。これが九谷焼生産の始まりで、その後二代藩主利明が引き継ぎ、この時期に焼成された作品は「古九谷」と呼ばれ、後の時代の「再興九谷」とは一線を画しています。
古九谷の色絵技法は、力強い呉須の線描の上に、絵の具を厚く盛り上げるような方法で、色調は紫・緑・黄を主調とし、補色として紺青・赤を使用しています。作品は花鳥、山水、風物を題材に豪放な味わいを醸し出していますが、一定の画風というものは存在せず、極めて変化に富んでいます。大胆なデザイン、深く重厚な色彩を持ち、溢れんばかりのエネルギーを放った古九谷ですが、約50年で突如として姿を消すことになります。

伝統美術の館

人間国宝・徳田八十吉の作品

約100年後、金沢の春日山で京都の名陶工、青木木米を招いて赤・緑を主調にした、呉須赤絵写しなどをつくらせました。これが再興九谷の始まりです。文政7年(1824)、大聖寺の豪商豊田伝右衛門が古九谷復興をめざして、九谷焼の旧地に開窯したのが吉田屋窯で、緑・黄・紫・紺青の絵具を使い、全面を色で塗りつぶしたものが多く見られ、今でも評価は高いですが、この窯も天保2年(1831)にその姿を消します。その後、九谷焼は産業として発展し、藩営のみならず、多くの優れた民営窯が開窯されました。
明治に入り、洋絵具を用いて金襴手の華やかな九谷焼が作られるようになります。これが評判をよび、日本各地はもとより、輸出品として西洋でも大いにもてはやされるようになりました。九谷焼は現在も伝統が受け継がれ、金沢市から加賀温泉郷までの広範囲で、個人作家の一品制作から量産品まで幅広く作られています。

伝統工芸と歴史MENU