×

Google Playで
ゆのくにの森アプリを入手する

山中漆器
HOME » 伝統工芸と歴史 » 山中漆器
山水・花鳥の絵模様は実に優雅。

全国一の木地生産高を誇る山中の伝統美、山中漆器。その伝統を受け継ぎながら、従来に無かった新しいライフスタイルに対応した食器やインテリア用品などの分野に進出しています。カシューという塗料を使った蒔絵体験で古き良き伝統にふれてみて下さい。

山中漆器

山中漆器は、安土桃山時代の天正年間(1573~1592)に越前の山間に居住したろくろ工が一向一揆に追われ、大聖寺川上流の真砂(マナゴ)部落に移住したことから始まったと言われています。慶安年間(1648~1652)から文化年間(1804~1818)にかけて全国より名工を招き、今も受け継がれる千筋挽きや朱溜塗、コマ塗、色塗漆器などが生み出されました。
現在は山中町と加賀市に漆器団地を構成し、発展を続けています。

伝統工芸と歴史MENU