茶の湯の館「方丈庵」

茶の湯の館「方丈庵」

【茅葺き平屋建て民家】福井県池田町魚見・内藤家を移築(築/江戸中期・1780年頃)

ゆのくにの森最古の茅葺き民家

ゆのくにの森にある建物の多くが、石川・福井を中心とした北陸地方から移築またはその古材で再建築したものです。なかでも、茅葺き民家は南加賀でも7棟しか現存しておらず、そのうち5棟がゆのくにの森にあります。
茶の湯の館「方丈庵」は、村内で最も古く、江戸中期(1780年頃)に建てられたもので、天張りや柱は、釘を一切使わずに組み上げられています。梯子が架けられた屋根裏の天(あま)や囲炉裏、黒くすすけた天井からは、当時の暮らしぶりと歴史の重みが感じられます。

喫茶・甘味処 方丈庵

お抹茶体験

加賀は名だたる茶の湯どころ。

江戸時代の民家を利用した茶室で、400年の歴史をもつ「茶」の風情をお楽しみください。館から見える山野草庭園では、四季折々の自然を愛でる野点を存分に味わっていただけます。抹茶をはじめ、冬はぜんざい、ホットグリーンティー、夏はくずきり、冷たい抹茶、かき氷などがお楽しみいただけます。

メニューのご案内

茶の湯の館「方丈庵」御抹茶850円

御抹茶850円

お茶菓子に金沢銘菓・万葉の花がついた抹茶を、築200年以上の茅葺き民家でゆっくりとお召し上がりください。

茶の湯の館「方丈庵」御ぜんざい850円

御ぜんざい850円

北海道産小豆をおいしく炊いた自家製田舎ぜんざいです。塩昆布との相性もぴったり! 加賀棒茶と一緒にお召し上がりください。

体験の手順

お抹茶体験

定員6名、体験時間約15分~、体験料金1,080円

お抹茶体験

棗(なつめ)に入っている抹茶を茶碗のそばで茶杓に2杯ほど抹茶碗に入れます。

お抹茶体験

お湯を抹茶碗の1/4弱入れ、茶筅(ちゃせん)を取ってお茶を点てます。
茶筅で茶碗の下をこすらないよう、手首でサラサラと茶筅を振るよう、サラサラと茶筅を振るようにします。

お抹茶体験

最後は「の」の字を書いて手前で止めます。

お抹茶体験

細かい泡が表面にたったらできあがり。

HOME > 森の案内板 > 茶の湯の館「方丈庵」