世界の色絵陶磁器ギャラリー

世界の色絵陶磁器ギャラリー

陶器の万博博覧会、開催中。

世界の色絵陶磁器ギャラリー
お食事処 漁師の館内

世界の色絵陶磁器ギャラリー(お食事処 漁師の館内)

陶磁器は、陶土の性質、民族の風俗習慣、使用目的等によって、それぞれ独自の変化を遂げてきました。そして、色釉を中心とする絵画性に富む陶磁器は、中国の唐三彩、ペルシャ陶、景徳鎮の色絵陶磁器、日本の柿右衛門等、世界中に存在しています。ゆのくにの森がある、石川県加賀市で生まれた九谷焼は、独自の装飾を施した絵画性の強い高級品として生まれ、海外でも高い評価を受けてきました。

当地で開催された国際色絵陶磁器フェア'97九谷「世界の色絵陶磁器展」では、世界の色絵陶磁器の産地及び作家を招聘し、その技を競うとともに、先達の残した加飾陶磁器の遺産を再認識し、今日の生活の中に生きる色絵陶磁器を生み出す原動力として大盛況を博しました。当ギャラリーでは、本展の代表的な作品約60点を一堂に紹介しています。

展示作品

HOME 世界の色絵陶磁器ギャラリー